横浜の丘の上に、建築家と家を建てました。ライフオーガナイザー。インテリア・収納にもこだわって家族がオウチからパワーをもらえる家を。


by 宇高有香

プロフィールを見る
画像一覧

検索

◆お問い合わせはこちら◆
丘の上の家 MAIL FORM


*3日以内にお返事致します。返信がない方は[迷惑ボックス]に自動振分されている可能性があります。お手数ですが一度ご確認ください。

◆著書◆
「子どもと暮らすラクに片づく部屋づくり」

2015年3月辰巳出版

◆HPはコチラ◆
ウチカラ HP


◆メディア掲載&企業様コラボ◆
・Como 2017年夏秋号 2017年5月
・書籍「毎日おしゃれに暮らすクローゼットのルール」 2017年4月
・LEE 4月号 2017年3月
・@living webサイト 2017年3月
・北欧、暮らしの道具店 2017年2月
・HOUSING by SUUMO 2017年1月
・ROOMS100 2016年10月
・ESSE11月号 2016年10月
・ウーマンエキサイト やさしいママのひみつ 2016年9月
・クロワッサン 10/10号 2016年9月
・CASIO SHEEN Website コンテンツ 2016年8月
・LEE 7月号 2016年6月
・すっきり暮らす、無印良品の収納 2016年2月
・LIMIA編集部独占取材 2016年2月
・読売テレビ「ほんわかテレビ」出演 2016年1月
・書籍『100% Real Kitchen』2015年10月
・ESSE 11月号 2015年10月
・InRed 11月号 2015年10月
・日経新聞 2015年8月
・アエラホーム冊子コラム 
 2015年8月~2016年3月
・無印良品・イケア・ニトリのマネできる!収納アイディア 2015年6月
・WEBマガジン100%life 2015年5月
・スタイルのある部屋をつくる方法 
 2015年5月
・関西テレビ「住人十色」出演 2015年5月
・CHANTO4月号 2015年3月
・CHANTO3月号 2015年2月
・ベルメゾン春号商品企画 2015年1月
・CHANTO11月号 2014年11月
・ソラトニワ ラジオ出演 2014年5月
・COMO6月号 2014年5月
・テレビ朝日「建もの探訪」出演 2014年1月

◆お気に入り◆
















◆リンク◆
矢作昌生建築設計事務所

◆ブログ◆
what's going on?
東黒21
建築とお気に入りのモノをめぐる

◆所属団体◆
日本ライフオーガナイザー協会

カテゴリ

全体
プロフィール
サービス内容/料金
きっかけ
建築家選び
土地探し
登記
お金関係
家づくり
・・・土地
・・・建築家物件訪問
・・・設計監理契約まで
・・・実施設計
・・・見積り
・・・減額調整
・・・ショールーム
・・・内装・キッチン
・・・施工会社
・・・RC
・・・確認申請
・・・契約~工事
・・・竣工
web内覧会
インテリア
設備
家電
我が家の収納
・・・ダイニング
・・・畳コーナー
・・・キッチン
・・・リビング
・・・寝室
・・・スタディコーナー
・・・サニタリー
・・・子供部屋
・・・クローゼット
・・・玄関
・・・その他
片付け・掃除
片づけが苦手な人へ
家事楽
Before→After/ご感想
育児
おいしいもの
お買いもの
おでかけ
メディア掲載
暮らし
ライフオーガナイズ
行動のオーガナイズ
1日1家事
講座・セミナーのご案内
講座・セミナーのご感想
美容
学び
色について
ファッション
防災
HP
新居収納相談
ウチカラについて
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

記事ランキング

ブログジャンル

建築・プロダクト
インテリア・収納

画像一覧

カテゴリ:・・・減額調整( 4 )

打ち合わせ⑮ -最終確認―

前回の記事でも書いた通り、最後の最後の詰めを行っていた減額大作戦。
工務店の大きな心遣いで、私達に施主支給という救いの手をさしのべて頂きましたので、
私の方でも施主支給品のリストを挙げ、設計事務所の担当京野さんにメールで伝えていました。
大物設備(ガスコンロや食洗機等)も施主支給品としたので100万以上は減額となります。
と言っても実際には自分で買わなければいけないのでトータルはそんなに一緒なんですけど。
それでも施主支給した方が安い物も多いので、それを了承してくれるだけでも有難いことです。

それを受け、その他の更なる減額案、そして諸々の最終確認をするため、
先日打ち合わせをしてきました。
まだ子供達が新しい保育園の慣らし期間なので十分な時間がとれず、場所に関してはご配慮いただきまして、我が家近くのスタバにて。

施主支給品分は工務店との見積金額よりそのままひかれるとして…
他の点で減額となったのが

・ケーブルテレビ工事 → 光工事
・浴室タイル フォンテトレーディング+INAXサーモタイル → サンワカンパニー
・ベランダドア 製作品 → 既製品
・玄関ドア 製作品 → 既製品
・階段手すり 左右両方 → 一方のみ

他にも トイレのINAXサティスをパナのアラウーノにすればどうか?との提案を受けましたが
陶磁器であるのとデザインの好みからそこは譲れずサティスのままでお願いしました。
(恐らく一台につい1万~2万円減額になるだろうとのことでした)

その他、今までも細かく見てくれていたひとつひとつの単価を更に見直してもらい、数十万円の減額。数千円しか変わらないのならせっかくだから…と一つだけみればそう思ってしまいますが、それが積み重なるとかなりのものになります。


一方で、増額となったもの。

・リビング収納
・キッチンカウンター下部の扉

こちらは仕上げについてはまだ迷っていることもあり、手書きでイメージ図を何種類か用意していただきました。ただ、仕上げは最終的に現場で決めていくのが一番いいだろうとのことで持ち帰り。収納量や高さ等には申し分なく、やはり最後に追加させてもらってよかった!と思える大事な収納になりそうです。


京野さんからは「後はコチラ(設計側)で更に単価を細かく見ていくしかないのでuddyさんに確認してもらうことはもうありません。最後の見積りの結果を待っててください」、と心強いお言葉をいただきました。私は不安で不安で仕方ありませんでしたが…そう、もう、待つしかないのです。

他には確認申請の進捗状況等を教えていただいたり、建築界の話になったり、雑談も交えながら打ち合わせを終了しました。

あ、わざわざ床材のサンプル(減額でB級品になったのです)もムアガとムニンガの二種類持ってきていただいたんだった!持ち帰ってもいいとのことだったのですが、結構大きく、せっかく持ってきていただいたのにこの時の交通手段(自転車)では持ち帰れなさそうだったので次回にさせてもらいました。ほんと申し訳ないです。

さて、その結果やいかに!!?
by uddy105 | 2012-04-13 23:28 | ・・・減額調整 | Comments(0)

打ち合わせ⑭ -減額案詰め-

またまた一ヶ月更新が滞ってしまいました…ちょくちょく見に来てもらっている方、すみません(>_<)
3月はじめに引っ越しがあり、義妹の手を借りながら数日で片付けを終えたものの、4月の保育園入所までの約一ヶ月、一日中ずっと怪獣二人と一緒。当然のことなんですけど、これが想像以上に大変で…友人からのメールさえ返す時間がなく過ぎて行く毎日。笑
先週は弟の結婚式で二泊三日で福岡へ。とても素敵な結婚式でした。息子もリングボーイの大役を無事務める事ができました。親はハラハラでしたけどね。笑 そして実は福岡では矢作さんやスタッフの方にお願いして矢作設計事務所の物件も数件見てきました!いろんな収穫がありましたよ~やっぱり実際建っているお宅を見ることはとっても勉強になりますね!(そういえば福岡旅行をしている間に施工会社の手掛けた物件のオープンハウスがあったみたい。こちらも行きたかったーー)
んでもってこの週末は横浜にいる弟夫婦も呼んで3才の誕生日を迎えた息子のバースデーパーティー!こちらはまた別記事に~


とまぁ、こんなバタバタの毎日で更新はできませんでしたが、その間矢作さんサイド、工務店サイド、共に怒涛の(!?)見積り調整を進めてくれていました。
その結果が数日前に出たとのことで今日は事務所にて打ち合わせでした。
ツイッターを見ている限りほとんど寝ていない(?)らしい超多忙の矢作さんは残念ながら不在。
担当の京野さんと上がってきた見積りを見ての詰めの作業打ち合わせとなりました。
見積りの結果は、全RC造にすることにより見事300万以上落ちました!!拍手!!
ここまでの作業は設計事務所の方も工務店の方も相当細かく見てくれて頑張って落としてくれたみたいです。工務店さんも早くやりたい!と言ってくれているそうで。本当に有難いです。

ただ、ゴールは確実に見えてきたのですが、如何せん、まだ予算に届かず…100万単位ってざっくり計算ではなんとかできそうなのに、いざそれを払うとなるととても大きな金額。
うちは随分前に財形のフラット35Sの申し込みをしておりましたが、もうその申請期間は終了してしまったのでこれからローン増額はできないんです。なのでキャッシュで自己資金を増やすしかないのです。うぅぅ。
あと、私達ができることは施主支給くらい?
施主支給できるものはどんどんしていって、とにかく目標金額まで近づけましょう!とのことで打ち合わせは終了しました。
ここが、ふんばりどきですかね!?
確認申請の作業も同時に進めてくれているのでなんとしても4月中には契約したいところ!!

エアコンだとか、衛生機器だとか、夜中ネットで調べまくらなきゃ~ぎゃ~時間がない~
最近娘が朝まで寝てくれるようになったのがせめてもの救いです。
今日は打ち合わせ後、ラゾーナに行って保育園の準備やらいろいろ買い出し。
エアコンなんかも電機屋で見ようと思っていたのにまたまたタイムアウト。
息子はコチラで大大大大大興奮でしたけどね~
そうこう言っている間に来週には息子も娘も新しい保育園入園です!!
by uddy105 | 2012-03-26 00:02 | ・・・減額調整 | Comments(0)

打ち合わせ⑫ -まだ…-

新年、初投稿です。
今更ですが、あけましておめでとうございます。

ついに、家が着工を迎えないまま、このブログを初めて3回目の新年のあいさつを迎えることになってしまいました。うーむ。。。
年末年始は実家で過ごしたのですが、親戚に会う度に、「もう着工したの?」とか、「もう建ったの?」なんて言われ、さすがに今年は返す言葉がありませんでした。苦笑

本当は昨年は娘出産、家竣工の激動の嬉しいニュースが続くはずだったのですが…。
でも、家は順調には進みませんでしたが、家族4人、元気に年越しできたことは幸せなことです。
今年こそは、絶対に!絶対に!待ちに待った夢のオウチに住める!!ハズ!!

と、そんな気合いをこめての新年初の打ち合わせ。
構造がRC造に変更、となったので、構造計算に時間がかかっていたようです。
一番初期のプランから考えると、RC造+木造→鉄骨→RC+木造→RC造と、中身はさほど変わってなくとも構造だけで随分と変更がありました。その度に我が家の崖地の構造計算をしてもらうのですから、やはり簡単にはいかないわけで…
RC造にすることにより、コスト削減になるだろうと工務店側から提案されたわけですが、
構造計算の結果によってはまだまだ見積りがどうなるかわからないこともあり、
結局混構造の方が安かった、ということにもなりかねないので、
構造変更後の見積りに関しては、時間のロスを避けるためにも設計事務所側と工務店で
いろいろなやりとりをしながら行ってくれているそうです。

というわけで、次の見積りで一発OK!な展開を大いに期待していたのですが、
やはりそういうわけにもいかないようです。トホホ。

それに加え、我が家の土地の工事がいかに難しいか、というのを改めて説明を聞き、
「ほんとですかーー?」と言いながらどんどん顔がひきつっていった私。
でも工務店は、難工事こそ燃える職人気質の社長さんらしく、きっと燃えてくれているのでは?
とのことです。大丈夫かなぁ…

はぁ。いつになるのかしら、着工。
もう新居近くへの引っ越し先も決まり、いつでも現場に見に行ける準備はできているのですけどね。
着工と同時に職場復帰(5月)なんてことはさすがにないよな~?いやいやそんなの無理無理!!
何度も言いますが、決してほったらかされてるわけではないんですよ~!
矢作さんも担当のスタッフの方も一日も早く契約となるよう、いろいろ動いて頂いています。

新年早々、ちょっと落ち気味のブログ更新となってしまいました。スミマセン。
気持ちばかり焦って、なんだか落ち着かないのです。
よし、まだ神奈川の神様には初詣に行っていないので、参りに行ってきますか!
ついでに、セールで新居に合ういいものを探しに行かねば♪
そうでもしないとテンションがあがらないワ。

今年は娘も保育園に通うことになり、私も職場復帰。
今まで以上に時間のない毎日が予想されますが、
母親として、施主として、気持ちがぶれないよう、毎日を大切に過ごしていきたいと思います。
by uddy105 | 2012-01-14 13:06 | ・・・減額調整 | Comments(6)

打ち合わせ⑩ -減額、またまたまさかの…-

昨日、矢作事務所の担当の京野さんと自宅近くのスタバにて、減額案の打ち合わせを行いました。

のっけから、またまたまさかまさかの、


構造変更案!!!!!!


もう、わたくし、これ以上なにがあろうと驚かない、と心に決めました。笑


というのも、現プランでRC+木造の混構造になる、とお伝えしていましたが、
これは鉄骨→混構造にすることで、RCは金額UP↑、木造は金額DOWN↓、を見込み
鉄骨造で出ていた見積りの金額に近い状態になるかなぁとの狙いでした。


が、京野さんが施工会社に減額案の打診を行ったところ、
「もう全部RCにしちゃえば?」
との答えが返ってきたそう。

要は、現プランではRCをする業者、木造の業者、と業者が分かれることになり、
人件費がかかる。
それに、木造であれば当然仕上げに多くのプロセスがあるが、RCだとそれのみで
躯体=仕上げが可能であり、この部分でもコスト減が見込める。
どうせ1階部分がRCなのであれば、まとめて総RCで建ちあげてしまったほうがいいのでは、
とのこと。

なんだか予期せぬ事態で、若干放心状態でした。。。
でも、我が家の今回の見積りではそんなにレベルが高くない仕様で提出していたため、
ドカンと金額が下がる案が他にほとんどない状態。
それなら、構造を変更してしまうより他に選択肢はないだろう、と思い、
ひとまず構造変更案については、了承。

問題は、仕上げをどの部分までするか。
もともと、コンクリート打ちっぱなしがあまり好きではないとお伝えしていた為、
担当の方もその辺を心配されていました。
ただ、この仕上げによってコストも変わってくるので、嫌だ嫌だとも言ってられない状態。
実際、家に帰って、雑誌を見て自分が好きだと思う家を改めて見直したら、
意外にも、RC造の家が多いではないか!!笑
そんなこともあり、夫婦会議の上、外観、内装、共に全面RC打ちっぱなしだけは避け、
クロスorペイント仕上げの面積が少なくなるように、という結論へ。

その他、減額案を探してみましたが…
窓の仕様、家具、塗装、設備、全ての項目において微々たる減額案しか見つからず…
とにかく、RCでもう一度見積り出してみて、施主支給できるところはして、
小さいところでも減額案をどんどん出して、なんとか予算に近づけましょう!
とのことで打ち合わせ終了しました。

前回も少し記事にしましたが、
今回見積りを出していただいた施工会社は、矢作事務所とも多くの物件を手掛けており、
信頼もあり、何より施工のレベルがとても高い工務店です。
少し前にその工務店が施工した矢作さん設計のオープンハウスに伺いましたが、
全てにおいてそのレベルの高さが家に表れていました。
ですので、この工務店がウチを建てることに非常に意欲的になってくれている、というのは
とてもありがたいこと。
既に現場監督も決定しているようで(?)、あとは金額のみ、といったところでしょうか。

私達家族にしたら、金額と、あとはスケジュールが大変気になるところですが。。。

どんどんどんどん延びてはいますが、
着実に前に進んでいることだけは確かです。

焦る気持ちも当然ありますが、家の事に対して考える時間はとても楽しい時間なので、
全ては結果オーライになることを信じて、頑張っていきたいと思います。
by uddy105 | 2011-11-30 13:03 | ・・・減額調整 | Comments(2)