横浜の丘の上に、建築家と家を建てました。ライフオーガナイザー。インテリア・収納にもこだわって家族がオウチからパワーをもらえる家を。


by 宇高有香

プロフィールを見る
画像一覧

検索

◆お問い合わせはこちら◆
丘の上の家 MAIL FORM


*3日以内にお返事致します。返信がない方は[迷惑ボックス]に自動振分されている可能性があります。お手数ですが一度ご確認ください。

◆著書◆
「子どもと暮らすラクに片づく部屋づくり」

2015年3月辰巳出版

◆HPはコチラ◆
ウチカラ HP


◆メディア掲載&企業様コラボ◆
・Hanako mama 2017年9月
・クロワッサン 10/10号 2017年9月
・LEE10月号 2017年9月
・主婦の友社「無印良品」この使い方がすごい! 2017年9月
・ウーマンエキサイト 夏掃除 2017年7月
・Como 2017年夏秋号 2017年5月
・書籍「毎日おしゃれに暮らすクローゼットのルール」 2017年4月
・LEE 4月号 2017年3月
・@living webサイト 2017年3月
・北欧、暮らしの道具店 2017年2月
・HOUSING by SUUMO 2017年1月
・ROOMS100 2016年10月
・ESSE11月号 2016年10月
・ウーマンエキサイト やさしいママのひみつ 2016年9月
・クロワッサン 10/10号 2016年9月
・CASIO SHEEN Website コンテンツ 2016年8月
・LEE 7月号 2016年6月
・すっきり暮らす、無印良品の収納 2016年2月
・LIMIA編集部独占取材 2016年2月
・読売テレビ「ほんわかテレビ」出演 2016年1月
・書籍『100% Real Kitchen』2015年10月
・ESSE 11月号 2015年10月
・InRed 11月号 2015年10月
・日経新聞 2015年8月
・アエラホーム冊子コラム 
 2015年8月~2016年3月
・無印良品・イケア・ニトリのマネできる!収納アイディア 2015年6月
・WEBマガジン100%life 2015年5月
・スタイルのある部屋をつくる方法 
 2015年5月
・関西テレビ「住人十色」出演 2015年5月
・CHANTO4月号 2015年3月
・CHANTO3月号 2015年2月
・ベルメゾン春号商品企画 2015年1月
・CHANTO11月号 2014年11月
・ソラトニワ ラジオ出演 2014年5月
・COMO6月号 2014年5月
・テレビ朝日「建もの探訪」出演 2014年1月

◆お気に入り◆
















◆リンク◆
矢作昌生建築設計事務所

◆ブログ◆
what's going on?
東黒21
建築とお気に入りのモノをめぐる

◆所属団体◆
日本ライフオーガナイザー協会

カテゴリ

全体
プロフィール
サービス内容/料金
きっかけ
建築家選び
土地探し
登記
お金関係
家づくり
・・・土地
・・・建築家物件訪問
・・・設計監理契約まで
・・・実施設計
・・・見積り
・・・減額調整
・・・ショールーム
・・・内装・キッチン
・・・施工会社
・・・RC
・・・確認申請
・・・契約~工事
・・・竣工
web内覧会
インテリア
設備
家電
我が家の収納
・・・ダイニング
・・・畳コーナー
・・・キッチン
・・・リビング
・・・寝室
・・・スタディコーナー
・・・サニタリー
・・・子供部屋
・・・クローゼット
・・・玄関
・・・その他
片付け・掃除
片づけが苦手な人へ
家事楽
Before→After/ご感想
育児
おいしいもの
お買いもの
おでかけ
メディア掲載
暮らし
ライフオーガナイズ
行動のオーガナイズ
1日1家事
講座・セミナーのご案内
講座・セミナーのご感想
美容
学び
色について
ファッション
防災
HP
新居収納相談
ウチカラについて
未分類

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

記事ランキング

ブログジャンル

建築・プロダクト
インテリア・収納

画像一覧

先走り① スツール

土地を購入してからというもの、私としては今までにないくらい節約に励んできました。(旦那さんにはそうでもないでしょ、と言われましたが。汗)今年のクリスマスは世間は節約疲れで高額なプレゼントを買う人が多いとか。なんとなくわかる気がします、節約疲れ。笑

だから、というわけではありませんが、そろそろ新居に合うものを前もって買っておかないと、いざ竣工となるといろいろお金がとんでいきすぎて、欲しいものも後回し…となってしまうのではないか、と、絶対に欲しいと思っているものは今のうちから少しずつ買っていこうということになりました。

まず、第一弾。
以前に伺った近所の3rdというお店から年末セールのDMが届いたので久々に行ってきました。お目当ては前と同じkuku chair納期が長いと4ヶ月もかかるというので少しでも安いときに買っておいた方がいいのかも…と思いましたが、まだダイニングのプランがFIXしたわけではないので購入はちょっと保留。セール期間はもう少しあるので年末悩んでみます。
で、今回買ったものは、こちら。
a0129661_21531591.jpg

kuku chairと同じデザイナーさんのORI stool。これも前々から狙っていました。写真にはないですが、スタッキングしたときの見た目が美しいのです。お客さんが来たとき、そしてちょっとした踏み台、飾り台として多面で使えるなと思ったのでウォールナットのものを2脚購入しました。スツールとはいえ完全受注生産なので今日持ち帰ったのは展示品の1脚のみ。(こちらは10%オフにしていただきました。)雑然とした今の狭い我が家ではまだしっくりきませんが、しばらくこの場所にて新居での活躍を待ってもらおうと思います。
# by uddy105 | 2010-12-23 22:02 | インテリア | Comments(2)

食洗機対決 -ミーレ vs Panasonic vs ASKO-

先日の記事の続きです。

減額対象となっている設備の中に、食洗機があります。
というわけで、第一候補だったミーレのほかに、パナソニックリビングショールームにて、パナの食洗機を、ツナシマ商事にてASKOの食洗機を見てきました。

・ミーレ
ミーレは以前見たことがあるので、今回はショールームは省略。食洗機輸入ブランドでは知名度はトップなのではないでしょうか。なんといっても優れた洗浄力には定評があるらしいです。私もただなんとなく、昔から食洗機はミーレ!といった憧れがありました。ただし、お値段30万超。というわけで、もちろん減額対象としてあがっています…

・パナソニック
a0129661_14541643.jpg

国内メーカーだと、まず思いつくのがパナでした。パナソニックのリビングショールームには何度か行っていますが、もともとミーレがいいなぁと思っていたので、食洗機をあまり詳しく見たことがありませんでした。見たのは3タイプ。どれも海外メーカーとは違い引出式の上から食器を入れるタイプです。容量も海外メーカーの約半分。(ちなみに金額も半額近く。)見た目はパネルがキッチンの面材と合わせられるので問題ないんですが、やはり容量が気になる。前にミーレのショールームのスタッフさんの言葉、「洗うのは一日一回でいい。」の言葉が頭に浮かびます。うーーん、、、安いのはいいけど、、、夫婦の共通の感想としては、「二人家族ならこれでもいいけどね…。」夫婦共働きなので、容量・機能面も納得いくものがいいというのが正直なところです。

・ASKO
a0129661_156177.jpg以前から気になっていたASKO。スウェーデンのメーカーです。事前にカタログだけは取り寄せていました。北欧メーカーだけあって、省エネ度はトップクラスらしいです。なんと、食器の容量は国内メーカーの二倍なのに、1回に使う水の量はほぼ同じ、かそれ以下。(あ、でもこれはミーレも同じくらいですね)

ショールームは普通のビルの中にあって少し行きづらいですが、中はASKOの他にも高級キッチン設備がたくさん。他にお客さんもいなかったことですし、2タイプの現物を見せてもらいゆっくり説明を受けました。




ASKOの食洗機の強みは、
・庫内の部材に至るまで全てオールステンレス
・海外メーカーでは珍しく、乾燥力が強い
・フィルター交換は年に3回程度でよい(スーパークリーニングシステム)

大きくはこの3つでしょうか。乾燥力が強いのは魅力ですね。あとフィルター交換の手間が少ないのがうれしいです。ミーレとの差で一番大きい部分ですね。庫内の引き出しもスムーズでとても使いやすそうでした。ミーレのようなカトラリートレイはありませんが、上部に小さなトレイがあるので、ナイフ類はそこへいれ、カトラリーはバスケットに入れる形になります。値段は…ミーレとそう変わりませんが定価で一番安いものだと、数万円ASKOの方が安いです。スタッフの方から、「日本人はキッチンのシンクを大きくとりたがるけれど、大容量の食洗機があればシンクはそんなに大きくなくていい、減額で国内メーカーを検討しているならシンクを小さくして減額するとか、どうですか?そのほうが作業台も広がりますし。」と言われました。え?シンクを小さくして減額になるの?と内心思いましたが、一応矢作さんに聞いてみよう。。


以上3メーカーを見て、今はASKOに傾きかけている感じ…。ただ、ツナシマ商事ではミーレは扱っていないので、ASKOよりの説明になっているのも否めません。ネットで双方を比較している口コミを見ると、やはりミーレの方がシェアは圧倒的に上。ただ、夫婦共にやっぱり国内メーカーはナシの方向で(資金的に)頑張りたいね、という意見。口コミにはあまり左右されたくないので、今回の実際目と手で見た感覚を忘れずに、ミーレとASKOのパンフレットを隅から隅まで徹底比較してもう少し悩んでみます。あ、あとは資金捻出か。。。
# by uddy105 | 2010-12-13 14:51 | 設備 | Comments(12)

有給とってショールームめぐり

先日、夫婦で有給をとり、togoを保育園へ預け、一日かけて都内へショールームめぐりに行ってきました。
子供がいてはゆっくり見れなかったり、ショールームによっては子供禁止のところもあるのでtogoや保育園の先生には悪いと思いつつも、二人だけで行ってきました。

その日の工程は

・Tform再訪
  ↓
・パナソニックリビングショールーム
  ↓
・タチカワブラインド
  ↓
・ツナシマ商事
  ↓
・東京駅Keiyo Streetぶらぶら

です。

今回は前回と比べ本気で設備選定をかけているので、写真はありません。いや、本当はただめんどくさいだけです。すみません。

で、まずはTform
今回の目的は、前回行ったときからの第一候補、カルデバイの再確認と、シャワー設備・手洗器選定です。
バスタブは実は現在、減額対象にあがっています。
しかし!実は第一候補のカルデバイがセール中なんです。
期間は5/31まで。
対象となる商品は3種類で、前回から候補にあがっていたSANIFORM PLUS ジャパンモデルの1600サイズもあります。CLASSIC DUOも好きですが、値段が少し上がるのとサイズの問題からいってもジャパンモデルが現実的。セール中に発注できれば、今の減額代替品(アクリス製)と比べても、2万ほどの差です。
再度カルデバイの質感を実際に目と手で確認し、2万ほどの差なら、絶対カルデバイ!と軍配があがります。とういうか、もう、絶対にカルデバイがいい!!
スタッフの方に聞くと、発注さえ5月末にしてればよくて、納期も2ヶ月くらいなら保管してくれるらしいです。納期がちょっと気になるところですが、なんとかしてセール中に手に入れたいところ。

次にシャワーシステム選定では、シンプルでコストをなるべくおさえたいとスタッフの方に要望を伝えると、今の候補の半額程の値段のものを出してくれました。これこそシンプル!といったデザインで、夫婦共に何も文句なし。たぶんこれも決定。洗面台は、頭が濡らせるというのが夫の一番の要望なので、深めのものという条件ははずせません。というわけで、これかな。
a0129661_2136943.gif


Tformでお目当ての3設備を確認できたところで、減額にはなってないけれど、シャワーが思ったよりも安かったのでプラマイ0くらいになるのでは?と満足顔でショールームをあとに。

麻布十番で昼食を終えて、新橋に移動。
パナについては別記事にします。

銀座のタチカワブラインドのショールームでは、その名の通り、ブラインド&ロールスクリーンを選定に。選定というよりは、初回なので金額も含めどういう具合になりそうかというのを確認しに来たという感じです。窓がとても多い我が家。カーテン選びは慎重に行う必要があります。今のイメージでは、LDKはシンプルな横ブラインドで統一し、和室との間仕切りをロールスクリーンで、という感じ。寝室はもう少しラフに考えています。スタッフに説明を受け、総コストとイメージはだいぶつかめましたが、自分の中で少し違和感を感じる部分があったので、矢作さんに相談して詰めて行こうと思います。ま、カーテン類はまだまだ時間がありますし、ね。

ちょっと疲れてきたけれど、次はツナシマ商事へ。
こちらもパナと併せて別記事にします。


最後はちょうど帰りの路線の始発である東京駅で、最近オープンしたKeiyo Streetでぶらぶらウインドウショッピングです。私のクリスマスプレゼントの現物確認も兼ねてだったのですが、残念ながらお目当てのものがありませんでした。ですが、駅ナカでこれだけのインテリアグッズがそろっているのはすごい!!もし通勤に東京駅を使うなら、毎日寄り道してしまいそう。今はまだ半分ほどのお店ですが、完成が楽しみです。

ちょっと妊婦には詰めすぎの内容だったかもしれませんが、横浜から都内となると時間もお金もけっこうかかるので、一日どっぷりショールームまわりに費せたのはよかったです。結構歩いたので仕事しているときより疲れましたが…笑
# by uddy105 | 2010-12-12 22:00 | ・・・ショールーム | Comments(0)